名刺の必要性

地球昨今、資源の無駄遣い防止、環境保全、コスト削減と言った様々な理由からペーパーレス社会へと進んでいます。会議の資料も紙での配布がなくインターネットを介してノートパソコンやタブレットへとデータで送られるということも多いですし、勉強に置いても学校や塾から配布されるプリントやテスト、宿題と言ったものがデータで送られたりアプリで管理されたりするようになり必要に応じて個人でプリントアウトするということが増えています。紙にスタンプを押すタイプのポイントカードが廃止されているお店も増え、その代わりにスマートフォンのアプリでためたりレジに通すタイプのポイントカードになったりと紙を使わない風潮というのは世間的に広まっています。

このような歴史の流れにありながら、名刺というのはなかなかなくならないものです。ビジネスの面会というのは、必ず名刺交換で始まりますし、今でも名刺の保管は紙ベースで行うのが一般的です。もちろん、最近は個人情報があることと断捨離の側面からアプリやパソコン管理をするという人もいますが、名刺を手元に残しておくことで得をするという場面も多々あります。

名刺交換というのは、相手に自分を売り込む要素の一つです。交換のやり取りの際の対応で印象も変わりますし、渡す名刺によっても印象が変わるものです。小さいスペースながら自分に興味を持ってもらったり取引をしたいと思ってもらったりできるようにするためには、しっかりと考えて作成することが重要です。そこで、ここでは相手に興味を持ってもらう名刺の作成方法やアイデアについて紹介をしていきます。

名刺を作って状態を整える

近年の仕事の形式は多用です。以前のように仕事着で判断することが難しいです。パソコンを使って仕事をしたとしても、外部からでは、違う仕事をしているのか、同じ仕事をしているのかをはっきり見分けることが困難です。そのため、自分がどのような仕事をしているのかということを理解していくことが大事なことです。そのためにも名刺を作っておくことです。

名刺を作っておくことができるようになれば、自分の仕事の説明をすることができる準備を整えていくことができます。そのようにしておかなければ、改めて、自分の仕事が何だか分からなくなってしまうことにもなります。自分のことを自分で説明していくためにも、どのような仕事をして、どのような人の問題解決を行なっているのかと言うことが分かることができる物を作っておくことが大事なことなのです。

今ではホームページがあります。そのため、電子上で調べることができれば、紙の媒体を使わなくてもいいかもしれません。しかし、残るものがあれば、それを再び見て、思い返す事ができるようになります。そのようにして、自分にとっても、相手にとっても、どのような仕事をしているのかを再度理解していくための物を作っておくことです。

名刺はあなたの代わりの営業マンです。

会社の名刺は、何をしている会社か、もらった方が分かりやすいものが良いと思います。例えば、銀行や保険会社など金融関係は会社名で十分伝わりますが、なかなか社名だけではどんな事業をしている会社か分からない場合が多いですよね。

あとは事業内容だけでなく、顔写真が付いていると後からどんな人だったか思い出されやすいですし、その会社のポリシーとか中にはその方の趣味まで書いている人もいます。横書きにするか縦書きにするかでも印象は変わってきます。また、二つ折りとかでその会社の商品の宣伝がしてあったり、そのまま広告になっていたり、割引クーポン付のものもあったりします。つまり、どれだけ印象を強く与えるかが重要だと思います。

紙質にこだわるのも一つですし、形もちょっと普通のサイズより小さくしたり、角を少し切って、もらった方が後から探しやすくするちょっとした工夫も、もらった相手に印象付ける良い方法だと思います。

このように、何か他と違う工夫をしてあなたやあなたの会社の印象が強く持たれるようにすることで、名刺があなたの代わりの営業マンとなりビジネスチャンスに繋がることが望ましいと思います。是非、ちょっとした工夫をして、印象に残るものを渡したいですね。

Published by