名刺を作る

パソコン最近は、手軽に自分で名刺を作成できるようになったので会社から配られる名刺以外にもオリジナルで名刺を作成している人もいます。インターネットで注文することができたり、自分で作ることができたり、デザインに不安な人は必要情報や工夫してほしいポイントを伝えればデザインをしてもらえたりということができるので、リーズナブルにそして自分だけの名刺が作れるということで、用意をする人も増えています

自分でオリジナルで作成できるために、複数種類用意をして仕事の相手や内容によって使い分けたり、プライベート用のものも作成するという人もいます。必要になれば、同じものの追加の発注もできますし、すぐに発送してもらえるのでとても便利です。

中には素朴さをアピールするためや経費削減のために、自宅でハンドメイドで名刺を作成する人もいますし、最近ではそのようなキットも販売されています。家庭用プリンターの性能も上がっているのでそれなりに良い仕上がりにはなるのですが、やはりインクジェットのプリンターと業務用のレーザープリンターとでは仕上がりが違います。

オリジナルのものをオーダーメイドで作っても決して高いわけではないですから、業者に依頼する方がクオリティも高く美しい名刺ができるのでプロに頼む方が望ましいです。

 

名刺印刷は業者さんに頼むのが一番

フリーのイラストレーターをしている私は、名刺を自分で作る必要があります。名刺はイラストレーターにとって、広告のようなものだと私は考えています。見やすく、かつ沢山の名刺の中に埋もれていても目につくようなデザインであることが大切です。名刺に自分で描いたイラストを載せるのも忘れません。

まだ駆け出しの頃は自分の名刺をパソコンでデザインし、電気屋さんなどで売っている名刺用の紙を使って名刺作製していました。しかし家庭用のプリンターで印刷するとどうしても印刷面が荒く、ちょっと安っぽい見た目になってしまいます。そこで最近は、印刷業者に依頼して作ってもらうことにしています。

依頼と言ってもそんなに難しいことは無く、印刷してもらいたいデータをネットで送信。枚数や紙の種類などを指定して料金を支払うだけです。私が利用しているところはすぐに印刷をしてくれるので、依頼をしてから3日以内には自宅に届きます。印刷も家庭用プリンターでは出せない鮮やかさなので、おすすめです。

 

名刺の印刷はインターネットから注文することもできます

名刺の印刷はインターネットからでも注文することができます。インターネットによる注文のメリットは、24時間いつでも注文が可能ということがあります。仕事が忙しい人でも、好きな時間に注文することが可能です。また、職場や自宅に居ながら注文することができます。

インターネットでの名刺印刷でも、紙の種類や字形、色などを選ぶことができます。また、名刺のサンプルを用意しているサイトもあるので、それを参考にして作成すれば図案で悩むことも無くなります。今まで持っていた名刺と同じものを作ることも可能です。字形などを見本の中から選ぶこともできますし、業者によってはデータを送るとそのデータから名刺を作成してくれるところもあるので便利です。

急ぎで名刺を作りたい場合には、ある程度の条件がある場合もありますが、即日で作成、印刷をして希望する場所に配達してくれるサービスをしている業者もあります。ウェブサイトなどでは、条件を入力すると幾つもの業者の見積もりがいっぺんにとれるサイトもあります。