名刺を作る

最近は、手軽に自分で名刺を作成できるようになったので会社から配られる名刺以外にもオリジナルで名刺を作成している人もいます。インターネットで注文することができたり、自分で作ることができたり、デザインに不安な人は必要情報や工夫してほしいポイントを伝えればデザインをしてもらえたりということができるので、リーズナブルにそして自分だけの名刺が作れるということで、用意をする人も増えています

自分でオリジナルで作成できるために、複数種類用意をして仕事の相手や内容によって使い分けたり、プライベート用のものも作成するという人もいます。必要になれば、同じものの追加の発注もできますし、すぐに発送してもらえるのでとても便利です。

中には素朴さをアピールするためや経費削減のために、自宅でハンドメイドで名刺を作成する人もいますし、最近ではそのようなキットも販売されています。家庭用プリンターの性能も上がっているのでそれなりに良い仕上がりにはなるのですが、やはりインクジェットのプリンターと業務用のレーザープリンターとでは仕上がりが違います。

オリジナルのものをオーダーメイドで作っても決して高いわけではないですから、業者に依頼する方がクオリティも高く美しい名刺ができるのでプロに頼む方が望ましいです。

名刺は大事な営業ツール

名刺には、会社名やその人の役職や氏名、連絡先といった情報が書かれており、これらは仕事の取引をする中で必ず必要な情報です。これらの情報を簡潔に書いた名刺が一般的ですが、最近は名刺も目を引くように工夫をしたりオリジナリティのある項目を入れている人も多くいます。顔写真が入っているもの、会社のコンセプト、事業内容、メッセージといったものを入れた名刺を作成している会社もあります。

特徴的なデザインだと名刺を見返したときに思い出せる情報が多いので、少しオリジナリティのあるものを入れられるようにしたり、モノクロではなくカラーにしたりといった工夫をすることはとてもオススメの方法です。ただし、あまりにも情報過多になってしまうと逆にごちゃごちゃして最も伝えたい情報が伝わりにくく、逆に相手の目を引くことが難しくなってしまうこともあります。どうしても、相手の印象に残るようにしたい、業績を上げたいと思うと情報が増えてしまいがちですが簡潔に分かりやすいことを心がけ、伝えたいことを絞るようにしましょう。

また、名刺を作成することにこだわるだけでなく、必ず名刺交換のマナーもしっかりと身につけておきましょう。どれだけ立派な名刺でも渡す時に曲がっていたり折れていたりすればマナー違反ですしだらしない印象を与えてしまいます。また、名刺を切らしてしまっていることも相手に失礼になりますから、必ず名刺入れの中身のチェックをして相手が増えた際にも困らないよう多めに用意して商談に臨みましょう。名刺の渡し方や受け取り方のマナーについても必ず確認をしておきましょう。