名刺を作る

パソコン最近は、手軽に自分で名刺を作成できるようになったので会社から配られる名刺以外にもオリジナルで名刺を作成している人もいます。インターネットで注文することができたり、自分で作ることができたり、デザインに不安な人は必要情報や工夫してほしいポイントを伝えればデザインをしてもらえたりということができるので、リーズナブルにそして自分だけの名刺が作れるということで、用意をする人も増えています

自分でオリジナルで作成できるために、複数種類用意をして仕事の相手や内容によって使い分けたり、プライベート用のものも作成するという人もいます。必要になれば、同じものの追加の発注もできますし、すぐに発送してもらえるのでとても便利です。

中には素朴さをアピールするためや経費削減のために、自宅でハンドメイドで名刺を作成する人もいますし、最近ではそのようなキットも販売されています。家庭用プリンターの性能も上がっているのでそれなりに良い仕上がりにはなるのですが、やはりインクジェットのプリンターと業務用のレーザープリンターとでは仕上がりが違います。

オリジナルのものをオーダーメイドで作っても決して高いわけではないですから、業者に依頼する方がクオリティも高く美しい名刺ができるのでプロに頼む方が望ましいです。

 

名刺印刷は業者さんに頼むのが一番

フリーのイラストレーターをしている私は、名刺を自分で作る必要があります。名刺はイラストレーターにとって、広告のようなものだと私は考えています。見やすく、かつ沢山の名刺の中に埋もれていても目につくようなデザインであることが大切です。名刺に自分で描いたイラストを載せるのも忘れません。

まだ駆け出しの頃は自分の名刺をパソコンでデザインし、電気屋さんなどで売っている名刺用の紙を使って名刺作製していました。しかし家庭用のプリンターで印刷するとどうしても印刷面が荒く、ちょっと安っぽい見た目になってしまいます。そこで最近は、印刷業者に依頼して作ってもらうことにしています。

依頼と言ってもそんなに難しいことは無く、印刷してもらいたいデータをネットで送信。枚数や紙の種類などを指定して料金を支払うだけです。私が利用しているところはすぐに印刷をしてくれるので、依頼をしてから3日以内には自宅に届きます。印刷も家庭用プリンターでは出せない鮮やかさなので、おすすめです。

 

名刺の印刷はインターネットから注文することもできます

名刺の印刷はインターネットからでも注文することができます。インターネットによる注文のメリットは、24時間いつでも注文が可能ということがあります。仕事が忙しい人でも、好きな時間に注文することが可能です。また、職場や自宅に居ながら注文することができます。

インターネットでの名刺印刷でも、紙の種類や字形、色などを選ぶことができます。また、名刺のサンプルを用意しているサイトもあるので、それを参考にして作成すれば図案で悩むことも無くなります。今まで持っていた名刺と同じものを作ることも可能です。字形などを見本の中から選ぶこともできますし、業者によってはデータを送るとそのデータから名刺を作成してくれるところもあるので便利です。

急ぎで名刺を作りたい場合には、ある程度の条件がある場合もありますが、即日で作成、印刷をして希望する場所に配達してくれるサービスをしている業者もあります。ウェブサイトなどでは、条件を入力すると幾つもの業者の見積もりがいっぺんにとれるサイトもあります。

名刺は大事な営業ツール

名刺には、会社名やその人の役職や氏名、連絡先といった情報が書かれており、これらは仕事の取引をする中で必ず必要な情報です。これらの情報を簡潔に書いた名刺が一般的ですが、最近は名刺も目を引くように工夫をしたりオリジナリティのある項目を入れている人も多くいます。顔写真が入っているもの、会社のコンセプト、事業内容、メッセージといったものを入れた名刺を作成している会社もあります。

カラフル名刺特徴的なデザインだと名刺を見返したときに思い出せる情報が多いので、少しオリジナリティのあるものを入れられるようにしたり、モノクロではなくカラーにしたりといった工夫をすることはとてもオススメの方法です。ただし、あまりにも情報過多になってしまうと逆にごちゃごちゃして最も伝えたい情報が伝わりにくく、逆に相手の目を引くことが難しくなってしまうこともあります。どうしても、相手の印象に残るようにしたい、業績を上げたいと思うと情報が増えてしまいがちですが簡潔に分かりやすいことを心がけ、伝えたいことを絞るようにしましょう。

また、名刺を作成することにこだわるだけでなく、必ず名刺交換のマナーもしっかりと身につけておきましょう。どれだけ立派な名刺でも渡す時に曲がっていたり折れていたりすればマナー違反ですしだらしない印象を与えてしまいます。また、名刺を切らしてしまっていることも相手に失礼になりますから、必ず名刺入れの中身のチェックをして相手が増えた際にも困らないよう多めに用意して商談に臨みましょう。名刺の渡し方や受け取り方のマナーについても必ず確認をしておきましょう。

 

名刺はビジネスマンのマストアイテムです。

日本のビジネスマンの仕事にとって欠かす事のできないのが名刺です。仕事に先立ち必ず行われるのが名刺交換です。この交換にも決まりがあり、失礼のないようにしたほうがスムースに今後の仕事ができるようになります。営業職の場合には、人に合うことが仕事なので名刺は沢山もっていなければなりません。会社で支給される場合がほとんどで、社章が入りレイアウトや字体まで決まっている場合が多くあります。

小さな会社などでは、自分で作る場合があります。そのため名刺用のプリンタ用紙が多くの種類販売されています。そして名刺印刷のソフトもあるので、自分で楽しみながら造ることができます。最近では省エネのためでしょうか、紙質が薄いものが好まれているようです。そして、写真入りやQRコードなどをつけたものも見られます。個性溢れる名刺ですが、こまめな管理が必要で、ちょっとさぼってしまうと整理が大変です。

新しく名刺をもらったら、その日のうちにパソコンで整理をしておきましょう。専用のソフトを使って、スキャナーがあれば簡単に名刺のデータベースを作ることができます。このようにパソコンで管理をしておけば、いざという時にあちこち探す手間がいりません。

 

名刺交換のときに相手をしっかり見るのがビジネス。

ビジネスにおいて初めてお会いする方に最初に挨拶するときに名刺を交換するのが一般です。年間にたくさんの方と交換します。数年に一度整理して現在の取引先を確認するのですが、実にさまざまな名刺があることに驚かされます。一般的なサイズでは同じですが、色が変わっていたり、写真付きであったり、もしくは文字に特徴があったりといろいろな個性が紙上からも感じられます。また、サイズが半分にしたものもあります。おそらくはじめに見たかたはびっくりするとおもいますがそれが狙いなのでしょう。

人によれば紙代をケチったのではないかとか思う方もいるようですが、大手の企業でもこの形を取り入れているところも少なくないようです。ほかにも点字を打ち込んでいたりとか、香水を商売にしている人はにおいつきの紙を作る方もいます。動物を扱う方で犬や猫の形にしたものを差し出す方もいます。

ビジネスは最初が勝負です。そのときに印象をつけたい心理もよくわかります。でも、やはり記憶に残るのはその人であり、紙ではないのです。だから私はその人と話が終わり、別れるときまで相手をよく観察し特徴を覚えるようにします。次に会ったときにスムーズに会話に入っていけるからです。相手をしっかり見るのが私のスタイルです。